Three Different Situations in which Japanese Bow 三つ の 場面で おじぎ を する 日本人

There are three situations for which people bow.

おじぎ には 三(みっ)つ の ケース が あります。


One is for greetings.

一(ひと)つ は あいさつ です。

Both parties bow when you meet somebody, for example, when you say, “Ohayou gozaimasu” (good morning).

たとえば、 人(ひと) と 会(あ)った とき に、「おはようございます」 と 言(い)って、 双方(そうほう) が 頭(あたま) を 下 (さ)げます。


The second is a form of thanks.

二(ふた)つ 目(め) は 感謝(かんしゃ) です。

When you go shopping, or have a meal at a restaurant, staff say, “Arigatou gozaimashita” (thank you) and bow to customers.

買(か)い物(もの) を した とき、 レストラン で 食事(しょくじ) を した とき など に、 店員(てんいん) は 「ありがとうございました」 と 言(い)い、 お 客(きゃく) に 対(たい) して おじぎ を します。

Besides this, when somebody does you a personal favor, you bow.

また、 個人的(こじんてき) に 誰(だれ) かに親切(しんせつ) に された とき には 相手(あいて) に 頭(あたま) を 下(さ) げます。


The third bow is for apologizing.

三(みっ)つ 目(め) は 謝罪(しゃざい) です。

When you’ve been a bother to someone, you bow, saying, “Sumimasen” (I’m sorry).

誰(だれ)か に 迷惑(めいわく) を かけた とき には 「すみません*」 と 言(い) い、 おじぎ を します。

* When you apologize in business, you should say “Moushiwake gozaimasen”

*ビジネスの場合には、「申し訳ございません」と言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA