【日本語講師養成講座】世界照準の日本語教師養成講座 受付中!

英語を活用し日本語と日本文化を教える職業
[最短3ヶ月でデビュー]

グローバル時代を迎えて英語を学ぶ人は世界的に急増していますが、その一方で、日本の文化や日本語に興味を持つコアな外国人も増えています。日本語教育はこれまで、文法を中心に日本語で教えるのが一般的でした。そのため、多くの日本語学習者、特に欧米人は入り口で挫折していました。本講座は、生徒のニーズを意識した「JapaNEEDS®と同時に言葉の背景や日本の文化を伝える「JAPANese」を用いて生徒に寄り添ったレッスンを英語と日本語で教えます。

単なる日本語教師を養成するものでなく英語で日本語と日本文化を教えられる日本語/文化アンバサダーというべき「スーパー日本語講師」の養成が本講座の教育方針です。養成講座そのものは日本語をベースにして行います。

世界に通用する『国際日本語コーチ』を養成します。

スーパー日本語講師会ロゴ

世界に通用する『国際日本語コーチ』を養成します。

スーパー日本語講師会は、1986年創刊の日英バイリンガルマガジン “Hiragana Times®とWeの協力により設立された社団法人です。

Hiragana Timesは日本語と日本文化を外国人に分かりやすく解説し、現在も100ヵ国以上の方に愛読されています。同誌は、これまで日本語を効率よく楽しく学べる方法を追求してきました。Weとひらがなタイムズは、両社の特性を融合し合い従来の学習法とは全く異なる方式の教材(特許庁実用新案登録)と教授法が開発されました。

革命的ともいわれるこの学習法は、従来の日本語教育から取り残された英語を理解する学習者に光明を与えるものと期待されています。これに伴いこの方式を日英バイリンガルで教えられ、日本文化にも精通した日本語講師の養成が急務となり、一般社団法人スーパー日本語講師会の設立にいたりました。

使用テキストは全て日英バイリンガルで書かれており、日本語を教えるのが主体ですので高いレベルの英語は必要とされません。英語で日本語を教えれば、結果的に英語の勉強にもなります。しかも尊敬される立場で、生徒と長い間交流することができます。今では、インターネットを活用して自宅から教えることも普通のこととなりました。

コロナ禍により、日本への観光客が減少したものの、世界の人の目には、日本文化は奥深いものとして映っています。歌舞伎や能などの伝統芸能に加え、まんが・アニメや忍日本食などにも高い関心がもたれています。

今後は、日本語自身が複雑で味わいのある日本文化として永続的なブームになるとの見方もあります。現在、日本語学習者は増え続けていますが、日本語の市場は間違いなく拡大していくといえるでしょう。

あなたの英語力を日本語や日本文化を学びたい英語を理解する日本語学習者に生かしていただけることを願っています。

スーパーJ®「国際日本語コーチ」全体像

スーパー日本語講師になったら

  • スーパーJ®認定の国際日本語コーチとしてオンラインで自宅から世界の日本語学習者にコーチできます。
  • 国際日本語コーチとして、自立して日本語教室を開くこともできます。
  • 日本語学校など教育機関、外資系企業で教えられます。(Weでのコーチ採用を優遇いたします。)

スーパー日本語講師養成講座の特徴

世界照準の日本語講師
日本語教育はこれまで、文法を中心に日本語のみで教えるのが一般的でした。そのため多くの日本語学習者、特に欧米人は入り口で挫折していました。本講座は、英語を話す外国人を対象に開発した日本語レッスンの方法を学びます。生活ですぐに役立つ新発想で構成したテキストを使い、学習者の負担を少なくするために文字はアルファベットを最初に使い英語と日本語で教えます。
「ランゲージ・デザイン®」の実践
欧米人を中心とした英語話者を対象とするSuper-J日本語市場では、主体性の高い “Independant Learner” の生徒たちが中心となります。その為、生徒に言語をパーソナライズする「生徒中心主義」の発想が大変重要となります。Super-Jでは、最先端の言語理論である”Lanaguage Diamond”を軸にし、生徒一人一人のコンテクストの「ランゲージ・デザイン」を実践しています。
文化・社会も教え実践を想定
いくら日本語の文法や言葉を多く知っていても、その言葉を育んでいる文化や社会を知らなければ、実践的に言葉を活用することはできません。本講座は日本語と共に日本の文化・歴史・生活習慣・社会も教えることができるよう日本に関する興味深いコンテンツとその教え方も学びます。外国人に日本のことを聞かれて答えられないようでは、日本語講師の資格はありません。スーパーJでは、日本語だけでなく日本文化も世界に共有できる日本のアンバサダーとして講師を養成してます。
日本理解度を測定する “J-CLUE” テスト
スーパーJでは、生徒及び講師の日本理解度を測定するテスト、『J-CLUE® (JAPANese Culture & Language Understanding Evaluation)』を開発しました。問題は、「言語と日本人」「日常生活」「文化と社会」「経済と政治」「地理と歴史」の5 つのジャンルに分かれており、全部で100 問(各ジャンル20問)あります。テスト内容を学習することで、日本と日本語に関する知識が得られます。
革命的な日本語教育システム
幼児が学ぶ過程を日本語教育に取り入れ、日本生活に必要な言葉から覚えていきます。記憶術を応用し、一度習った言葉を忘れさせません。文字は、アルファベット入力で日本語変換する前のスペルを使用しますので、学習者は変換することで文字が学べます。
オンライン教育になれるレッスン
修了者が講師として教える生徒は在日外国人にとどまらず、海外の日本語学習者も対象となります。その授業はインターネットを通じて行います。その為、ネットレッスンの具体的なシステムやスキルも学びます。
スーパー日本語講師認定後にデビュー
既定の過程を終了し、当会より日本語と日本文化を外国人に教える資格があると認められた受講生はスーパー日本語講師として認定され講師デビューできます。

『スーパー日本語 講師養成講座』好評受付中!

日本語講師養成講座の様子

Weでは、この『スーパー日本語講師会』の教材及びメソッドを導入し、そこにWe独自の教授法を活用した講師養成講座を開設いたしました。

講座修了後は、個人教室の独立開校、もしくは、We Japanese Language Schoolをはじめとする、日本語教育機関や国際企業、外国政府公館で日本語が教えられるチャンスを提供いたします。

2022年7月度生 
日常生活で困らない程度の単語や表現を覚える学習法を教えられる技能を取得。
※修了者はスーパー日本語認定試験の教育技能テストが免除されます。

受講期間:2022年7月初旬~ 全24回 
実施日: スケジュール詳細 (近日公開)

受講費:264,000円(税・教材費込み)

参加資格

  • 英検定2級、または同等以上の英語力があると認められた方。
  • 日本語の機能面(文法など)だけでなく、日本文化に興味と一定の知識をおもちの方。(参考査定として “J-CLUE” を受験いただきます。)
  • 社団法人である当協会メンバーとして会の発展にご協力いただける姿勢のある方。
  • 日本語教育の経験や知識は問いません。

定員になり次第、締め切りますのでご了承ください。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA